フェイスデンタルオフィスロゴ

9:30-12:30 / 14:00-19:00 (土曜~17:00)

098-936-7577

【必読】エアコンの分解・洗浄(餅は餅屋→口腔内メインテナンスも一緒です!)

昨今の新型コロナウイルス(COVID-19)を含めた感染症対策のため、次亜塩素酸水の噴霧や外気導入での換気を行っておりますが、エアコンフル稼働となるシーズンを目前に、2日間にわたって 専門業者さんに院内の全てのエアコンの分解/薬剤での洗浄をして頂きました。

やはり感じたのは「餅は餅屋」ということです。日頃から手の届くフィルター部までは当院スタッフが一生懸命掃除をしてくれていますが、専門業者さんの分解/薬剤洗浄はレベルが違います。

全く同じことが歯のクリーニングにも言えると強く感じました。毎日 ご自分で行っていただく歯磨き(セルフケア)のスキルを上げていただくことももちろん大切なのですが、どんなに頑張っても100点は難しいですし、患者さんご自身にそこまで完璧を求めるのは酷だと思っています。ですので、歯科衛生士によるプロフェッショナル・ケアが必要なのです! 来る4月には(2年に1度の)保険治療の改定があり、国の政策としても歯周病がひどくなってから治療するのではなく(治療はできたとしても 残念ながら元の状態には戻りません)、従来からの歯周病治療がひと段落した後に、その状態を維持するために(それが本来/本当の意味でのメインテナンスですね!)中・長期的に歯科医院で患者さんの口腔内を管理することを推奨する方向になるようです。具体的には月1回のPMTC メインテナンスを継続していただくというイメージです。
ちなみに、院内に資料掲示もしております PMTC というのは (プロフェッショナル=専門家[歯科医師/歯科衛生士]による)・(メカニカル=専用器具を使った)・(トゥース=歯の)・(クリーニング=清掃)という意味です。

保険治療はどうしても国の財政状態に左右されてしまう側面がありますが、今回の改定で継続的メインテナンスが取り入れられるようになるのは、患者さんにとって良いことだと思います。歯科医院で歯科衛生士が行うのは 単なる「お掃除」ではなく『歯周病治療としてのクリーニング、および その後のメインテナンスです。患者さんが気が向いた時に行う/行ってもらう1回だけのクリーニングは(言い方はよくないかもしれませんが)口の中がさっぱりした気になるだけです。歯周病を悪化させないためには、とにかく 継続的なメインテナンス/プロフェッショナル・ケアを受けていただくことが肝です!

 

お知らせ一覧に戻る